ページの先頭へ戻る

東京味わいフェスタ2018

トウキョウを味わう。東京を知る。
TOKYOを見つける。にっぽんを楽しむ。

東京生まれの旬の食材や、江戸から伝わる伝統野菜を活かした東京の味と日本各地の美味を味わえる3日間。さらに今年は東京府開設150年を記念した名店も各エリアに登場。
東京の多彩な魅力――数々の美味や歴史・風土に育まれてきた伝統工芸品、時代を映し出す演劇・映画を、更に美しくなった定番のスポットや話題の新スポットで楽しみましょう。

※雨天決行(ただし荒天時は中止の場合あり) ※開催時間や実施場所、内容等は変更となる場合があります。

リーフレット(PDF)ダウンロード
5周年記念 Twitterプレゼントキャンペーン
5周年記念 Twitterプレゼントキャンペーン

丸の内エリア

丸の内エリア

東京産の魅力を凝縮した[MADE IN TOKYO]エリア

丸の内仲通り

丸の内シェフズクラブの有名シェフや丸の内の名店のシェフが江戸東京野菜をはじめ、旬の東京食材を使用した料理をキッチンカーで販売

丸の内エリアを中心に店舗を構える有名シェフが、食育活動を通じて日本の食を応援するために2009年に発足。会長は服部幸應氏

行幸通り

東京都内で生産された新鮮で安全安心な野菜や果物、牛乳や卵などを生産者が直接販売

江戸切子など、東京の歴史と風土が育んできた様々な伝統工芸品の展示や実演

有楽町エリア

有楽町エリア

東京と日本各地の多彩な味わい堪能エリア

東京国際フォーラム 地上広場

日本酒、ビール、日本ワインなど日本各地のお酒や、その場で味わえるつまみにピッタリなご当地グルメを販売

震災被災県のご当地グルメと特産品の販売により復興を応援

多摩・島しょのお酒や特産品などを販売し、食の魅力を発信

日比谷エリア

日比谷エリア

東京のエンターテインメント発信拠点エリア

東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場 日比谷公園 草地広場

国際的映画祭出品作品の上映やアーティストによる音楽ライブ、親子で楽しむ芸術制作ワークショップを実施

地元日比谷の飲食店や有名グルメ店が東京産食材を使った料理を販売

東京都は、2018年が江戸から東京への改称、東京府開設から150年の節目であることを記念し、「Old meets New 東京150年」事業を実施しています。今回の味わいフェスタでは東京150年を記念し、各エリアにおいて都内の老舗店が特別出店いたします。江戸から明治、大正、昭和(平成)に至るまでの各時代における代表的料理を存分にお楽しみください。